わたしたちのガッツ田
 平成30年6月18日に、5年生が田植えを行いました。地域の方や保護者、八女農業高校の生徒の皆さんにボランティアとして参加していただき、田植えの仕方を教わりながら活動することができました。大勢で田植えをしても田の4分の1しか植えることができず、田植えの苦労を実感し、お米を食べることができる喜びを味わうことができました。
のぼりをもってガッツ田へ 地域の方や保護者の方々の協力を得て
   
 八女農業高校の生徒さんに教えてもらいながら 一つひとつていねいに植えました。 
 
【5年生の児童の感想】
○ わたしは田植えをして、昔の人は一本ずつ苗を手で植えていて、とても大変だったということを実感しました。お米を作られている方の苦労や気持ちがわかりました。
○ ぼくは、苗を植えるのは深く植えなくてはいけないことを体験し、田植えがとても大変な作業だとわかりました。でも、みんなで協力して田植えをしたので、きっとおいしいお米ができると思います。そのお米でポン菓子などを作りたいです。